レモンのくらし

ムダを省けば余裕が生まれる、ラクになる。

【放り込み収納の罠】後回しにしない方が結果的にラクだと思った日

どうも、レモンです。

 

今日はテレビボードに備え付けの引き出しのひとつを片付けました。

 

 

片付ける前はこんな感じで、とっても乱雑。

 

実はこの引き出し『困ったときにとりあえず放り込む場所』として使っているスペースで、そのためにおもちゃだったりノートだったり延長コードだったりと、多種多様なモノが投げ込まれています。

 

このように一時的に放り込む場所というのは、急な来客等『今すぐなんとかしたい』時には非常に役立つスペースなのですが、問題はその後で…。

 

余計に面倒で片付けしたくなくなる

引き出しを開けるといろんな種類のモノたちが、ぐっちゃぐちゃのごっちゃごちゃ。

 

下に入っているモノを取り出そうと掘り起こすものだから、紙類は折れるしコードは絡まるしもう最悪。

 

後々つらい思いをして片付けるハメになるのなら、最初からしっかり片付けた方がラクだし、使い勝手の良い引き出しを潰しているのはもったいない…と思い、片付けスタート。

 

持ち主のスペースにモノを戻す

圧倒的に子供のモノが多かったので、子供のモノは子供が管理する棚へ。

 

古いおもちゃやぬりえ・落書き帳が多かったので、使わない・もういらないものなら捨てて欲しいと伝えました。

 

家族で楽しめるボードゲームやカードゲームは、ゲームソフト置き場で管理。

 

なぜか3本も出てきた延長コードは現状使わないので、まとめてクローゼットへ。

 

そんな感じで持ち主別、使う頻度によりおおまかに分けた結果、ほぼ空になったのでここを自分専用の引き出しとして使うことにしました。

 

 

iPadiPadスタンド、充電器

勉強ノート、コントローラー

子供に貸すタブレット端末と、大好きなカービィのメモ帳。

 

一等地なので、ほぼ毎日使うものだけを収納しました。

 

取り出すのに十分な余白が作れたことと、ガサゴソと探さなくても一目でわかる物量にしたことで、かなり理想的な引き出し収納となりました。

 

焦って放り込んだとしてもこの物量なら片付けも超簡単ですし、なによりスッキリ感が気持ちいい。

 

全部の収納をこれぐらいの物量にしたら、片付けが苦手な家族もラクだろうし、最終的に片付ける私も超絶ラクになるんだろうなぁ…。